河内のスペイキャスター
キャスティングの楽しさ・疑問等を中心に日記を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況

皆さんお久&あけおめです。


今年もよろしくです。


個人的には喪中のためあまりめでたくは無いんですが・・・・



相変わらず仕事がハードスケジュールのため中々身体が空かんのですが


友人のM夫妻がスペイを始め、無理やり年末年始に3日ほど


お付き合いをさせられました。


「教えて」脅かされて


最初は手本も見せられずに
                               (かなり下手に・・・・)



自分も振りつつ少しづつ感を取り戻してきてるかなっ





今は釣りにも行ける環境でもなく少しづつでも


ロッドを振って楽しんでいこうと思ってまっ






PS,とりあえす50mを目指そうと思いT-36入手しました。
  

   メインロッドだったNS18はアルティ18と
  

   さらに嫁にだしたPS18が出戻りに・・・・

 


 近況でした。





スポンサーサイト

サンビーチ日光川へ

少し遠出しサンビーチ日光川へ行ってきました。


目的はFly Fishing Event in NAGOYA 2010と「もう一つ!」


イベントの目的は新藤さんの「HS/HL」と「ネクストキャストのチャンプの試投」



新藤さんの解説は判りやすく釣り向けなんだなと感心しながらも
ラインが白系だったためラインが見づらかった・・・・・
あさ9時半から開始にも関わらず人気があった



ネクストキャストのラインはターン性能が非常に強く向かい風にも負けずに
力強く飛んでいく印象
このラインはスペイディスタンスに限らず他競技にも・・・・
印象は良かったが少し高価・・・・・かなっ



それとツーハンドのスクールに申し込みもしてみた。
4名のFFFインストラクター教えていた
4名のインストラクターがそれぞれ得意?分野のスペイ系キャストをコーチしていた。
ロングベリー・スカジット・ベーシック・シューティングスペイ
ほんまの所スカジットを受けたかったんやけど・・・・
まぁ人も多く無料なのでこの程度かなと思い結局は受けずに近くで見ていた。
ここでもデモでも研治さんの人気が高かった
オリジナルの製品群を見ていても彼の熱い男気を感じてしまった。







「もう一つの」 目的は近々発表します。
ご期待ください。








大晦日

旧年中は大変お世話になりました。



来年もよろしくお願いします。






「とっ」言っても今までのように遊ぶ時間が作れなくなりました。
なのでブログの更新がかなり不定期になると思います。
ご理解ください。

レインジャケットの忘れ物。

通天湖競技会の時の忘れ物


迷子のレインジャケットちゃんが持ち主さんをお待ちしております。


お気づきの方はコメント欄からおねがいします


忘れ物

思い出2 バスの次は・・・・・

バスの後は海へ
そもそもはじめたきっかけは
友人からもらったスズキから
魚好きなワシは思わずこんな美味い物が釣れるんや!
それならワシもはじめるっと
早速釣具屋へ道具を買いに走った!



本格的にシーバスをはじめて(近辺のシーバスは少ししていた)
友人と和歌山加太へ


なんとその日に86cm頭に80UP4本
そら嵌りますわ!
それから海が荒れると和歌山通い
坊主も多いが釣れれば大きいのが
シーズン終了まで92頭に80UP15本
小さいのは・・・・・・



SAVE0030478.jpg97cmをトップに沢山釣りましたわ・・・・・




シーバスシーズンが終わりそのままヒラスズキに突入
これが当時釣れるポイントも分らずに
南紀を行ったり来たりの往復
1匹釣るまでにかなりの走行距離を・・・・・・・


ウエーダーではあと1歩で渡れない磯も多く
波高3~4mの海をドライスーツなんか着込んで渡礁した事も・・・・・
当時は怖いもの無かったなと・・・・・




ヒラスズキを狙うには条件がある。
その条件がそろわない時には日置川に
そこでも本流アマゴ・4月後半からはサツキが相手をしてくれた。



SAVE0058.jpg
日置川・サツキは太く素晴らしい魚が多かった、アマゴも良く遊んでくれた。






そのシーズンも終ればしばらく狙うものも無く
盆過ぎからの青物




あの強烈な引きにはほんまに嵌ってしまった
時期になれば休みのほとんどを・・・・・
いや、釣れてれば毎日のように
釣りの合間に仕事をしていたような・・・・・



加太周辺をメインに明石・串本・若狭湾へ
多くの情報網があった当時は
ハマチ・メジロが釣れてると聞けばどこにでも飛んで行ってた。
そこには必ず仲間と少数のローカルアングラーだけだった。





コピー ~ SAVE0044
全て陸からの釣果



基本的に盆明けから青物シーズンイン
秋になればシーバス・青物と時期がかぶる
朝、和歌山大川峠で青物を狙い、夜には京都の由良川でシーバスを狙う事もあった
年明けから春までヒラスズキを狙いに南紀詣で
こんな状態を3・4年ほど続けていたかな
その頃は年間釣行120日を超えてたような記憶が・・・・・・・




                          釣り三昧な時期でしたわ!

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

FC2カウンター

プロフィール

Author:お好み焼き
1960年尼崎生まれ
現在淀川左岸中流域に在住

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。